【派遣】一般事務の仕事に飽きたという話。性格的に向いてなかった。。

どうも、あるえすです。

もともと営業よりの性格ですが、興味や憧れから事務の仕事を1年間経験したことがあります。

入ったときは、忙しすぎて本当にすぐに辞めようと思いましたが、その後担当者が変わってなんとか1年続きました。

でも、結局、仕事自体に飽きてつまらなくなり辞めました。

新卒で営業をやって、そのあとコールセンターの仕事やって、事務の仕事をやったのですが、自分の性格は営業や接客業向きかなと思わざるえない経験でした。

この記事は、なぜ、わたしが派遣の事務の仕事に飽きて、つまらないと思ったのか、その理由をご紹介します。

理由その1:仕事がいつも同じ。新鮮味がない。

まず、事務の仕事は、長く続けていくと、営業やコールセンターの仕事よりも新鮮味がなくなります。

ましてや派遣の事務の仕事は、やることほぼ決まっていますし、やり方もほぼ毎回同じです。

営業や接客業は、毎回同じお客さんを相手にするわけではないですし、状況や環境もまったく同じということはほぼないと思います。

営業や接客業は、問題ない範囲ならやり方は、本人裁量が認められていると思います。

それが事務になると、毎月ほぼ同じ仕事。環境や状況も変わることはないです。関係する方々もほぼ同じ。わたしのように黙黙と資料作りなら、なお更でした。

それがいいという人もいらっしゃると思いますが、わたしはそこに仕事の新鮮味がないと感じました。

事務の仕事にそういう側面があることは理解していましたが、1年間続けてみてもなれずに、それが仕事への飽きやつまらないという感じ方につながりました。

理由その2:誰にもほめられない。出来て当たり前。

これも営業や接客業との比較になりますが、営業や接客業は数字を残すと評価されるという側面があると思います。

しかし、事務という仕事は、プラス1という発想がなく、100%からの引き算でした。ミスゼロでもほめららない・出来て当たり前の状況は、自分のなかでいい気はしませんでした。

もちろん仕事なので出来て当たり前ではあるのですが、

それに対してなにも返答がない、反応がないというのは、なにか仕事をこなすマシーンのような扱いで嫌だなと思っていました。

自分が営業や接客をやっていたときは、事務の人たちとは仲良くやっていたので(-_-)

理由その3:やりがいを感じられない

わたしのケースでいうと、社員さんのレポート作成やデータ集計のお手伝いをしていたわけですが、

その社員のことを自分なり認めることができないと、その人の仕事をしている自分自身に対して、なにやってんだろうと思ってしまうことがありました。

有名な社長とまではいかなくても、関係している人のことを認めることができないと事務の仕事にやりがいを見つけることは難しいのかなと思っています。

その人のためにがんばりたいと思えて、その人のためになにか仕事をすることでやりがいを見つけられるかなと思うので。

わたしとはちがい仕事にやりがいを見つけず、淡々と毎日の業務をこなすという人は、あまり関係ない話かもしれません(-_-)

理由その4:仕事に窮屈さ感じた

「1」と被る側面もありますが、わたしの場合でいうと、

派遣で資料作成が主な仕事だったので、ある程度経験していくと最良の流れがつかめ、改良の余地がなくなってきました。

それに派遣社員にはほぼ裁量がなかったので、どんな仕事をする上でも仕事のやり方を自分で決めることができませんでした。

ほかにも仕事が終わったあとにあまった時間になにをしていいかなども決まっておらず、常に社員に確認するという感じでした。

でも、社員さんも自分の仕事が忙しかったりするので、何度も何度も聞くことができないという。。

逆に聞くのが多いと、煙たがられることもありましたので。(-_-)

この仕事環境に徐々に窮屈さを感じるようになり、飽きやつまらないという感情が増していきました。

さいごに

わたしが事務の仕事に飽きた・つまらないと感じたのは、上の4つの項目が主な原因です。

一般事務でも、主な仕事が資料作りだったため、ちょっと特殊かなとも思いますが、ほかの事務でも事務作業がメインの事務はあるので、そういった事務は、今回のわたしの話は、当てはまるかなと思います。

それでも事務で得たPCスキルは、今でも使えていますし、資料作成のスピードなどは格段にあがったので、もう一度営業や接客業に戻っても、事務の経験は生かせます。

何事も経験が大事です。^^

そのあと結局、わたしは派遣の事務の仕事から営業に転職しました。

そのときに使った転職エージェントが、

リクルートエージェント
DODA

の2つです。

この二つは、転職するなら登録したほうがいい必須の転職エージェントです。

特化型ではなく、現在転職市場にある求人を幅広く保有しています。

営業としてのキャリアを積んでキャリアアップという転職ではなかったので、特化型は使わずに幅広い求人に対応している転職エージェントを使いました。

もちろん派遣社員でも登録できます☆

2つに登録しないといけないですか?と思うかもしれませんが、ひとつでもいいです。ただ、転職の可能性はその分狭くなります。

リクルートエージェントとDODAで保有している求人がちがうので、ふたつ併せて幅広く求人をみたほうがいいと断言します。

数ヶ月に1度などのペースで転職するわけではないですし、転職のいいわるいで自分の年収に影響してくるので、そういう活動をするときは、念入りにしておいたほうがいいというのがわたしの意見です。

なので、転職しようと思うなら、2つの転職エージェントの求人を見ながら進めるというがおすすめです☆

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が読者の方に有益になっていると幸いです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする