東京に上京して良かったこと、悪かったこと。12年で感じたことをそのまま書いてみた。

地方出身だと、東京に憧れってありますよね。

単純なイメージですけど、

なんかかっこいい
自分の夢が実現できそう
毎日楽しそう
町並みがおしゃれ
美味しモノが多い

こんなイメージがあるかもしれません。

というか、これはわたしが東京行く前に持っていたイメージですw

ちなみに、このイメージは、浪人時代にもっていたものです。

なんか、東京は、自分が住んでいる今の街とは違ってよさそうだなと。

ちなみ、東京がダメなら京都。
選択肢はどちらかでした。

今となっては、東京にしておいて良かったかなと思っています。いろんな経験ができたので。

とくに社会人の経験はデカかったです。

最初は、本当に苦しくて、心が折れそうなときもありましたが、それを乗り越えたことで一回りも二回りも強くなったと個人的には思っています。

とにかく東京ではいろいろありました笑

そんな東京に12年間いて、良かったこと、悪かったことを、正直に、書いてみたいと思います。

上京して良かったこと

1.頭のいい人たちと仕事ができた

やっぱり、これの経験は大きかったです。

大学にいるときは、この人たち頭いいなぁーって思うことなかったですよ。

それが◯稲田、◯応とかの学生でも。

わたしの友達の出来がよくなかったのかもしれませんが。(-_-)

でも、社会人になって、社内でも取引先でもこの人頭いいなぁーって思える人に何人も出会えました。

というか、仕事ができる人、役職持ちの人は、それなりにやっぱり賢いです。

そして、そういう人たちといっしょに仕事ができたことで、自分も引き上げられるように、社会人としてスキルアップできました。

たぶん、東京でなければ、ここまで賢い集団のなかで働くことはできなかったかなと思います。

今でもその経験やスキルは使えています。
若い内(20代前半)に東京の会社でがんばれたのは、本当に良かったです。

当然、よい人に巡りあうかどうかは運もあるので、これに関しては、ラッキーでした。

いろんな人たちに出会えた

東京で生活していると普通に芸能人にも会えます。

原宿とかほんとに多いですよ。

わたしが過去に見たことがある人で、ベッキー、眞鍋かおり、ミキティ、松潤、ニノ、などなど。

別に芸能人に会っても、おぉーすげぇー、めっちゃかっこいい!で終わります。

わたしが言いたいのは、いろんな経験をした人たちがいるということです。

普通に飲み屋で知らないおじさんと話したら、昔はすごい人だったみたいな。

そういったいろんな人に触れることで、自分の価値観も変わりますし、頭も柔軟になりました。

田舎に住んでいると、会う人限られていませんか?
地元で飲んでも知り合うのは、だれかの友達みたいな。

むしろ、田舎のほうが、オープンでない分、他人に話かけるみたいなことにならないと思います。

それが、東京なら他人が友達になるパターンもあったりいします。笑

けっこう東京の人は、冷たいとか言われることがありますが、

本当に人によります!

東京は、地方から出てきている人が多いので、ちょっと話みると意気投合することはよくあります。

みんな最初は身構えるものです。

もう何年も住んでいる人は、話かけられても普通だったりしますし。

ほかの都市に行っても驚くことがなくなった

東京で生活したことがある人なら分かると思いますが、東京は本当に大都会です。

特に山手線の主要駅は、ハンパないです。

新宿、渋谷、池袋、上野、秋葉原、東京、品川などは駅周りの開発がエグいです。

大阪にも行ったことがありますが、大阪は梅田辺りですごく開発されていて、ちょっと離れるともう都会の雰囲気がなくなると個人的に思っています。

東京は、違いますよ。
上にあげた7つは、どこに行ってもすごいです。

新宿とか50階建てのオフィスビルの数がすごい多いです。

これに慣れると、日本のほかの都心と言われるところに行っても全然驚かないですね。

これをいいとるか、わるいととるかは、人ぞれぞれだと思いますが、少なくても、わたしはいいほうに捉えています。

やっぱり、都会に行って、緊張するなんて田舎者ぽいじゃないですかー。

田舎出身なので、どうしもて都会に行ってビビらないはアドバンテージにしか思えない。笑

良い社会人経験ができた

20代で東京にいたことでいい社会人経験ができました。

仕事だけじゃなく遊びも含めてです。

仕事だけの人生なんて本当につまらないと思っています。

人生は楽しむためにあるもの!そう思っています。

もう社会人に成り立てのころは、給料やらボーナスやらほとんど遊びに使っていましたからね。(あまり大きな声で言えない。。)

東京のいろいろなところに行ってました。
昼、夜問わず。

夜はよく歌舞伎町の「ハブ」に行って飲んでました。本当に懐かしい。笑

田舎で生活していたら、そんな経験もすることなかったかもしれません。

どちらかという、そういう場所を毛嫌いしていたタイプだったので、昔は。

でも、社会人になって先輩や取引先の人たちと飲むようになって、抵抗がなくなったというか、あまりわるいイメージもなくなって、よく行くようになった感じですね。

最近も、ちょっと東京に3日ぐらいいましたが、歌舞伎町に何するわけでもなくフラッと行ってきました。

昔と違って、健全な地域になりつつありましたw

わたしは昔のあぶなかっしぃ感じのほうが好きでしたが。そこがちょっと残念でした。

仕事も遊びも濃い時間を送っていました。

本当にいい社会人経験ができました。

コミュンケーション能力が上がった

ここまで、読んでいただいた方は、わたしが、仕事もやりつつ、けっこう遊んでいたことに気づいていると思いますw

そんな遊びでいろんな人と話をする内に、自然とコミュニケーション能力が上がっていきました。

わたしの場合は、むしろ、コミュニケーション能力が低いと自覚があったので、飲み会に積極的に行って、コミュニケーション能力をあげようとしていました。

そのおかげで、年齢や性別は問わずに、だいたいどんな人でもコミュニケーション取れるようになりました。

仕事でもプライベートでも。

生きていく上で、コミュニケーションを取って、人間関係作るのは、一生続くので、若い内にそれができる力がついて良かったと思っています。

たぶん、東京で生きていこうと思ったら、それなりに人間関係を作らないと生きていけないので、いやがおうでもコミュニケーション能力はあがりますよ。

逆に、これがない人は、人間関係を作られず、東京の生活が楽しめないはずです。

1人で生きていけるようになった

最後の6年ぐらいは、今の奥さんと同棲していましたが、上京して7年ぐらいは1人暮らしでした。

東京で7年1人暮らしできたので、この先もし、もう一度、1人になったとしても、生きていけるだろうと変な自信が持てるようになりました。

地域が変わってもやることは変わらないですからね。

仕事を見つける
生活を安定させる
人間関係を作る
仲のいい友達を1人はつくる

これぐらいです。

正直、これだけやっていれば、生きていけるかなと。

今は結婚して家族がいますが、もしもし万が一、1人になっても生きていけると思って生きていけるのと、1人だと生きていけないかもと思うのとでは、将来に対する不安の感じが方、全然ちがいませんか?

なんか生きていく上でのずぶとさみたいなものができたかなと。

これもたぶん東京でいろんな苦しい経験や辛い経験があったからだと思っています。

視野が広がった

昔は、目の前のことしか見えてみませんでしたが、東京でいろんな人に出会えて、いろんなモノを知れて、触れて、自分の視野が広がりました。

世の中がどうやって回っているのか、感覚的ですが、掴めた感じがしますし。

地元だと、どこかの会社で働いて、酒のんで、休日はテレビみながら、時間をつぶす。

たまに、美味しいもの食べて、旅行してと、もう絵に描いたような生活しか知りませんでしたから。

そうじゃなくて、違う生き方もあると。

いろんな生き方がある中で、自分はこういう生き方がしたいと明確に想えるようになった。

もう30歳も越えて、フラフラしているわけもいきませんしねw

価値観が変わった

と、同時に価値観もすごーく変わりました。

さっきも少し引き合いに出した歌舞伎町しかり。

昔は、そんなの絶対に嫌いと思っていたものが、嫌いではなくなりました。

10年以上食べられなかったトマトがいきなり食べられるようになりましたし。

お酒も得意じゃなかったけど、頑張って飲むようになりましたし。

ちょっといかついお兄さんとか近寄りがたかったけど、いい人多いから普通に接することができるようになったし。

チャラチャラ遊んでいる人を見ると、真面目に働け!とか思っていましたが、そういう人ほど、頭使ってしっかり稼いでいるし。

昔は、真面目が1番と思ったいましたが、今は、そうでもないし。

真面目であるよりも大切なことがあると分かったし。

自分の中では、いい意味で価値観が変わったと思っています。

結婚できた

わたしに限っていえば、たぶん、地元だと結婚できていなかったです。

なんなんですかね、なんか地元にいる女性をいいなと思えないんですよね。

顔だけ見ても。

ちなみに、美人が多いと言われる福岡で、です。

確かに、美人さんは多いと思いますが、タイプではないんですよね。

わたしは東京を歩いているときのほうが、あの子かわいいなと思えていました。

それもあって、福岡に戻らなかったというのもあります。

子供のころは、地元があまり好きじゃなかったですし。

それで見事、東京で女性を見つけて結婚できました!

結婚って勢いとか言いますけど、自分がこの人となら結婚してもいいって人をまず見つけられないと結婚できないですからね。

わたしは自分の直感を信じて、地元を離れて正解でした。

ちなみに、地元に戻ってきた今でも地元の女性とは、ちょっと合わないなと思うことがあります。。

本当に東京に出ておいて良かったですよ。

結婚もできず、独身で仕事だけやっている人生なんて、たぶん自分からすると退屈以外のなにものでもないと思うので。

いろんな男性女性がいる

男性目線で言うと、いろんな女性がいます。女性目線で言うと、いろんな男性がいます。

わたしの地元には、きれいな方でもちょっと会話するとイタイところがあったりします。

きれいで会話もスマートという人が少ない。

逆に、東京には、お嬢様と言われる人から、地方から出てきたきれいなスマートな方などもいます。

もちろんギャルっぽい女性まで幅広いです。

地元だと、幅が狭いというか、同じような人しかいなくないですか?

そして自分に合わないと感じたら、どしようもない。

それが、東京なら幅広いので、少しは自分の好み男性女性を見つけることができるはずです。

横浜出身、埼玉出身、千葉出身でもちょっとした性格や価値観が違ったりしますし。

この3つはなぜかお互いにライバル視していますし。
ここは本当に面白いです。

わたしは、群馬出身の子とは、けっこう気が合ってましたね。
なんなんですかね。よく分かりませんが、いいと思う子は、群馬でしたw

でも、奥さんはちがう県なんですよね。
結婚と恋愛はちがってました。(*_*)

男性もいろんなタイプの人がいるので、地元で結婚できない人は、一度東京で婚活相手を探してみたりするのもわるくないかもしれないです。

あとは、、

最新のものが集まる、
流行の最先端に触れられる

などありますよ。

でも、そこまでメリットかなと思います。
そういう情報は、雑誌でも分かるし、旅行すれば触れられるますから。

上京して生活したからこそ変わるものってあるじゃないですか。

それが上京の本当のメリットですし、良いところだと思います。

わるいところ

ストレスがかかる

上京して体重が+10㌔ぐらいになりました。

学生:70㌔ → マックス:82㌔

もう東京という街は、至るところにストレスフルな生活が待ち受けています。

仕事でもストレスを感じやすいですし、満員電車の人混みとか、時間に追われる生活だったり、寂しかったり。

地元に戻ってきて思うのが、全然、ストレスを感じない(笑

田舎だし、空はきれい、空気もきれい、人も少ない、食べ物美味しい。

おかげで体重も順調に下がっています。

でも、一説には、人間はちょっとはストレスはあったほうがいいと言われているみたいですね。

地方でのんびりしている生活を送っている人は、ストレスを求めて上京してみたら、いい刺激かもしれません。

楽しい場所がいっぱいある

東京は、楽しいことがいっぱいあります。

今までそんなに遊んでこなかった反動でわたしはけっこう遊びました。

もっと社会人3年目ぐらいのときから、真剣に勉強と貯金をしておけば、今頃もっと貯金があったかもしれないです。

その誘惑に誘われるように毎晩飲んでいたときもあったので。

もし、東京で夢を叶えたいと思っている人にとっては、そういった遊びの誘惑は、デメリットになると思います。

空気が汚い

東京は、自然が少ないので、汚そう…

というイメージを持っている方…、実は…、東京というところはですね…

……

……

……

そう、そのとおり、

……

汚いです。。。

渋谷のセンター街とか下水の匂いが、ひどいです。

東京の23区内、山の手線内は、どこも空気がきたないです。

都心を離れたら、大丈夫ですよね?

と思うかもしれませんが、東京は、電車で30分とか40分乗らないと田舎になりません。(-_-)

ちょっと都心から離れたぐらいでは、普通に都会です。

都心ほど空気は汚くないですが、そういった場所でも、お世辞にもキレイとは言いがたいです。

おるべし東京です。

ちなみに横浜、埼玉、千葉は、主要駅から離れると、地元といっしょの雰囲気を感じる田舎を見つけられますよ。

すごいのは東京です。

高い建物による圧迫感がある

東京にあるマンションは、どれも10階建てとかが普通です。

田舎にある2階建てのアパートとか少ないです。

なので、全体的に建物の高さがあるので、開けた空は見えません。

そして、建物が高いために、雰囲気的に圧迫感があります。

道路も狭いところがありますし、全体的にごみごみしている感があります。

広々とした都心とは、ちょっと違います。

それが都会といえば、そうなんですが、わたしは10年ぐらい経ったときに、その圧迫感がイヤになってきました。。

朝の満員電車

東京では、基本、電車での移動になると思います。

なぜ、電車になるかというと、移動手段として、安く、駅の多さがハンパじゃないからです。

福岡だと、西鉄バスが有名でバスの利用者も多いかと思います。

東京も、バス利用者はいますよ。
でも、遅いんですよね。

電車で15分ぐらいのところが30分~40分かかったりしますから。
それにバスはルートが限られていますし。

電車は早くて安いです。
ただ、人混みがハンパないです。

朝(7時~9時)の満員電車は、本当にギュウギュウですよ。

私鉄もJRも東京メトロも都営もです。

わたしは、満員電車がイヤだったので、会社の近くに住んでいました。

もし乗るとしてもなるべく数駅ぐらいしか乗らないようにしていましたね。

9時半をすぎるとちょっと空いてきます。
なので、10時出社の仕事とかにすれば、そんなに満員度も高くないです。

そういった工夫をすれば、満員電車は避けることはできます。

さいごに

以上、東京に上京して生活することで得られるメリットとデメリットを書いてみました。

でも、書いてみて思ったのが、やっぱりこういったのは、人によって変わるのかなーと。

わたしがメリットに感じたことが、あなたのメリットになるかどうか分かりませんし。デメリットしかりです。

それをデメリットと感じないかもしれないですし。

やっぱり、東京に出て感じることは十人十色かなと。

なので、東京が気になるなら1年だけでも行ってみたらいいと思います。

実際に住んでみないと感じないことっていっぱいありますから。

簡単にそんなことできないから前もって調べてるんだよ!と言われそうですが、書いた身としては、やっぱりそうかなと。

もし、お金がないとかで上京に二の足を踏んでいるなら、今ならTokyoDiveのようなサービスもあります。

人材派遣会社でありながら、上京支援会社でもあります。

TokyoDiveの紹介する仕事についてもらって、売り上げてる感じですね。

わたしも気になって調べてみると、良さげなんですよね。この会社。

twitterとか見ても、利用者は楽しそうにやってますし。

お金がネックで、上京ができない人は、この会社が使えるかどうかも含めて確認してみるのもいいかと思います。

もし、わたしが、今、上京したくてお金がないなら、間違いなく使ってますね。

お金貯めるのは、数ヶ月はかかりますが、使えそうかどうか確認するだけなら、実際に、アポ取って会ったとしても1日ぐらいでしょう。

本当は、移動時間とかいれても、たぶん数時間ぐらいしかかからないはず。

手間もそこまでかからないでしょう。
お金を貯めるという行為に比べれば。

それで上京への道が開けるなら、早いし安いもんじゃないですか笑
と、わたしは思います。

TokyoDiveの公式サイトはこちら
>>https://tokyo-dive.com/

東京は刺激的な街であることは変わりないです。

最後まで読んでいただき有難うございます。

この記事が、何かのお役に立てていると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする